前へ
次へ

相続に備えて早めに債務整理を行う

債務整理は、早めに行っておく方が良いという声も多いです。
相続の問題があるからです。
年齢が高まってきますと、遺産の相続も考える必要があります。
ですが遺産といっても、人によっては借金を抱えていることがあります。
借金が残っている場合、子孫としては負の遺産を相続しなければなりませんから、やや面倒な状況になってしまうケースが多いです。
ちなみに放棄という方法もありますが、相続人が全員放棄した時には、結局は借金を全員で返済しなければなりません。
ですから多くの方々は、子孫に対して借金を残したくないというニーズを抱えています。
どうすれば負の遺産を無くすことができるかというと、冒頭で触れた債務整理という手段があります。
例えば自己破産の手続きを踏みますと、借金はゼロ円にする事は可能です。
かなり大きな借金が残っていても、ゼロにする事はできます。
という事は、子孫に対して負の遺産が残るわけではありません。
ですから自分が生きている内に、できるだけ早めに債務整理を済ませるべきという発想も浮上してくる訳です。

Page Top