前へ
次へ

債務整理の中でも多く使われているのが任意整理

債務整理の中でも、比較的多く使われている手法として任意整理というものがあります。
債務整理の一つの手法である任意整理の手続きの流れについて解説しましょう。
債務者は、まず、司法書士の事務所を訪問しなければなりません。
事務所で任意整理の手続きの説明を司法書士から受けます。
その時に任意整理のメリットやデメリット、それから手続きにかかる費用などが、司法書士から説明されます。
最後に、今後のスケジュールについて司法書士から説明があります。
司法書士の方では、開示されている取引の明細を検討してから、利息制限法の上限金利により、その借金を再計算したりします。
過払い金が見つかった場合には、返済の手続きを進めるというわけです。
それが済むといよいよ債権者と和解交渉をします。
この和解交渉は債務者と司法書士が一緒になって、債権者に交渉するケースが多いです。
債権者との話がうまくまとまれば、和解契約を締結して、全ての手続きは完了です。
和解契約書に記載されている支払開始日より、後は、淡々と返済をしていくことになります。

Page Top